夏休みの学習について〈自ら発信することの大切さ〉
武蔵野北高校 合格黒岡 優菜さん

特別対談_東京_黒岡さん_袖山先生3.png

袖山先生 二学期以降の成績アップのために夏休みを効果的に活用したい、そう考える人が多いのですが、黒岡さんはどのようなことを心がけて夏期講習の授業を受けていましたか?

黒岡さん 特に夏休みだからということはないのですが、積極的に発言することと、問題演習を通して「解き方」をしっかりと理解することです。

袖山先生 日頃から心がけていることを継続したということですね。まずは積極的に発言することの目的や効果について教えてください。

黒岡さん 開成の授業では先生から発問される機会が多く、自分の頭で考えたことを積極的に発言することで深い理解ができるようになり、そのことで定着、応用発展に活かすことができるようになりました。

 自分の考えを持たずに知識を入れようとすると、わかったつもりになりがちですし、既存の知識とうまく関連づけできずに応用できなくなってしまいます。積極的に発言しようと思うと自然に自分の考えをベースに組み立てることができるので、吸収力に優れた勉強ができます。

袖山先生 なるほど。自分の考えをしっかりと持つことを心がけ、発言することで深い理解が可能になるのですね。

黒岡さん そうです。初めは心がけて発言するようにしていましたが、自らが得た知識をほかの人と共有する楽しさ、そしてその楽しさをより大きくするためにさらに必要な知識を身につけたいと思う気持ちが高まって、自然と積極的に発言できるようになり、より自分の考えを深めていくきっかけになっていきます。

袖山先生 プラスのサイクルにつながっていくということですね。次に「解き方」をしっかりと理解するという点はどうですか?

黒岡さん 学んだ知識を定着させるために整理することは大切です。そしてそれ以上に、最終的に人に伝えたり、問題を解決するなど、アウトプットできることの方が重要です。そのため、知識を整理することに時間を使うのではなく、様々な問題にあたりながらその中で得た知識がどのように活用されていたり、組み合わされていたりするのか理解していくことで、アウトプットをしながら知識の整理を行うことができます。そうすることで効率的に学習を進め、より多くの課題にあたることができるようになります。

袖山先生 答えよりもプロセスを大切にすることで知識も整理されていくということですね。

黒岡さん そうです。特に夏休みの期間は講習の授業はもちろん、学校からの課題もあって、演習機会が多いと思います。だから、時間を有効活用してどんどん問題を解いていくことをお薦めします。

袖山先生 この夏休みの学習を成果につなげたいと思っている人たちにたいへん参考になる話を聞くことができました。